傷やへこみのある中古車を売る時の注意点

傷やへこみのある車でも買い取ってはもらえますが、修理代は差し引かれます。中古車もルックスが大事です。

傷やへこみのある中古車の査定について

質屋やリサイクルショップとは違い、中古車業界では販売する業者と買取の業者が異なるのが特徴です。

中には買い取りも販売もする業者が存在するものの、ごく少数派です。

試しに中古車店に入って査定を頼んでみると良いでしょう。ほとんどのお店が買い取りはしていないと言います。
理由は流通の経路がはっきりしており、それぞれに専門の業者があるからです。

買取店は買取だけをしてオークションに出し、販売店はオークションから売れそうな車を買ってきて利益を上乗せして販売します。
オークションに関わる業者もあり、中間マージンがかかる仕組みです。

中古車でもそこそこ高いなと感じるのは、このように中間業者がそれぞれに利益を上乗せしているからです。

直接買い取ってくれて販売もしているお店があれば、他よりは安く買えるはずです。

買取業者に車を査定してもらう時に、気になるのが傷ですね。傷があれば査定が低くなるのではないか、買い取ってもらえないのではないか、と不安になる人も多いでしょう。結論から言いますと、傷があっても買い取ってはもらえます。
但し、たとえ中古車でも傷やへこみのある車は基本的に売りませんので、その修理代は差し引かれることになります。
ちょっとした傷なら自分で直しておくと良いでしょう。へこみは小さくても板金が必要なのでかなり査定ダウンになります。
運転に支障がなくてもちょっとした傷やへこみが価格に影響するのはとても不合理に思えますが、車もルックスが大事だということでしょう。