傷やへこみのある中古車を売る時の注意点

中古車を売却する際の、傷の修繕をはじめとするちょっとしたコツをしることで、高額買取の可能性がある。

中古車買い取りの際のボディの傷について

お手持ちの自動車を、新車への買い替えなどの何らかの事情や理由で手放す人もいるかと思います。
ここでは、中古車の買い取りを少しでも有利にすすめるための、ちょっとしたコツやポイントを挙げていきたいと思います。
まず、一番気になるのが、ボディについた傷についてだと思います。
もし、傷の程度が浅いものでしたら、コンパウンドで磨いて傷を消してしまうことをお勧めします。
では、かなり深い傷、あるいは修理費用が高くなると思われる場合は、どうしたら良い腕消化。この場合、あえて修理は行わずそのまま査定に出してしまうことをお勧めします。
高い修理費用を払って傷を治したとしても、その分、査定に反映されることは考えられないからです。

その他に気をつけたい点としては、やはり査定日までに自動車をきれいにしておくことになります。
業者から派遣される査定士は、基本的にはチェックシートに従って査定額を算定していくのですが、やはりきれいな自動車ならば査定士の印象も良くなりますし、自動車を大事に取り扱っていると評価されるからです。

ボディの水洗いなどの他に、車内も掃除機を掛けて埃を取り払ったり、シートの汚れを拭き取る、足元のマットを水洗いする、消臭剤を利用して車内の匂いを取り除くなど、簡単な清掃はしておくことをお勧めします。
また、オーディオ機器やカーナビなどを後から取り付けたりした場合は、それらの取扱説明書や保証書なども用意しておくと、印象が良くなります。

オススメワード