傷やへこみのある中古車を売る時の注意点

傷の大きさによって対応は変わってきます。また、場所にも寄ります。中古車なら、何処まで直すかが問題です。

中古車を買って傷を治すのは大変です。

中古車の場合、小さな傷ならそのまま売られると言う事も結構あります。
ここにこれだけの傷が有りますという風に売ってしまうのです。

もちろん買ってから気になるようなら修理が必要です。

ひっかき傷なら、塗装屋だけで話は済みますがへこみがあると鈑金屋に持ち込まなければ成りません。ほとんどの場合板金と塗装は同じ所にあるか、仲の良いところを知っているのでまず問題はありません。ただし、上手い下手は結構あるので気を付けないと行けません。
でも上手い塗装屋には上手い鈑金屋が必ず付いていますので、どちらを選ぶにしても上手いところを選んでおくべきです。

度k¥ちら課が経てお言う事は職人さんの感覚としてあり得ないからです。

上手いところは下手なところとは手を組みません。

問題はその予算ですが、小さな傷でも最低5万円はかかると思って置いた方が良いでしょう。直すか直さないかは。買った中古車の価格にも寄ると思います。
100万円以上出したのなら、直しておく方が良いと思います。
ボディにまで達する傷のg¥ばあい、間違いなく錆が出てくるからです。

錆がボディに回ってから直すとなると非常に大変です。

そうなる前に早めの手当が必要と言えます。
5万円モノ価格が掛かるのはたとえ小さな傷でも塗る範囲が結構広くなるからです。

職人さんが一人掛かって仕事をすることを考えると決して高い金額ではにと思います。
もちろん、高い中古車を買っているのなら、見栄えも悪いので、傷は早めに治しておくのが良いと言えます。

オススメワード