傷やへこみのある中古車を売る時の注意点

中古車の大きな傷はきっちりと直しておかないとクレームの大勝となりますが、軽微な傷はお金が掛かるからです。

中古車が販売される場合、軽微な傷はそのままのことが有ります。

また、下手にタッチアップなどをすると余計に傷が目立ってしまうからです。

大きなモノは直しておかないと、展示場に置いていても見劣りがするため、きっちりと治しが入ります。
ところが小さな傷は、ここに傷が有りますと説明は行うでしょうが、わざわざ直すことは少ないと言えます。
手を入れると変に誤解が生じるためです。

それに下手に触ると余計目立たすことにも成りかねません。バンパーなどをこすって、ゴムの色が付いているようなモノなら、コンパウンドで磨きが掛けられ、ほぼ元通りに成りますが、傷が入って塗装を傷つけているような場合はそままにしておくことの方が多い様です。

下手に触るとかなりな金額が掛かるからです。

それに修理の跡を残すと、事故車では?
何て購入者に疑われる可能性があるからです。

もちろん、こすった傷だけで無くへこみなども小さなモノはそのままにしておくことの方が多いようです。

車の修理は、例えば塗装を行う場合でも一部分だけを塗ると言う事は不可能だからです。

やると成ったらプレスラインの所までは最低でも塗ると言う事に成ってしまいます。
プレスラインまで塗ってしまわないと色の違いがはっきりと分かってしまうからです。

ぼかしで色むらを消すことは出来ません。一番良いのはパネル一枚をすべて塗ってしまうと言う事です。

当然ながら、パネル一枚を塗るのも、二枚塗るのもそれほど料金は変わりません。中古車に関わらず。小さな範囲だけを修理するのは大変だと言えるのです。

オススメワード