傷やへこみのある中古車を売る時の注意点

中古車は傷がついている事があります。見た目をそんなに気にしなければ安く購入できる中古車を選ぶ事をお勧めします。

安く購入できる中古車の傷に対しての考え方

独身の頃は車は絶対に新車がいいと思っていましたが結婚したら、車は中古車がいいと考えが変わってきました。
中古車だと、新車よりもかなり安く手に入れる事ができます。
ぴかぴかの新車もいいですが、今は家計が大事なので次に購入する車は絶対に中古車です。

中古車を選ぶなら妥協が必要になってくることもあります。
それは車の傷です。

どんなに丁寧に乗られたとしても、中古車なので多少の小さい傷はついているでしょう。私は、目立つような大きな傷がついているといくら安くても修理代が高くなりそうなので購入を躊躇してしまいますが、小さな傷であれば特に気にする事なく買うと思います。
新車で買っても、家に車庫がないので風が強い日に何かが当たってどうせ傷がついてしまうからです。

もしも傷が気になるという人がいるなら、中古車はあまりおススメできません。
でも新車で買うよりも明らかに安かったなら、自分で少しお金を出して車屋さんで塗装してもらうと綺麗になります。
私なら錆そうな傷以外であれば、そのまま放置して乗ります。
錆そうな傷なら、カーショップで車の小さな傷を塗装する塗料が売っているので、それで自分で修正します。
その程度であれば、他人から見てそんなに分かりません。車の見た目は、自己満足的なものもあると思います。
私自身が他人の車に興味がないように、他人も私が乗る車に興味なんてないと思います。
私は、車は乗れればいいです。

気に入った種類で、中古車で傷があるために安く済むのであれば迷わずに購入します。

オススメワード