傷やへこみのある中古車を売る時の注意点

傷やへこみのある中古車を売るにはどうしたら高く売れるのか。そのノウハウを紹介します。必見です。

傷やへこみのある中古車を売る時の注意点

傷やへこみのある中古車を売る

傷やへこみのある中古車を売却するにあたり。高価な査定を目指す為にも、多くの人は、売却したい中古車に傷やへこみがあると査定が低くなると考える。もちろん、汚れや傷やへこみが全くなくきれいな状態と比較すれば、傷やへこんだ跡があるとそれらが原因で査定額が低くなる可能性は高い。だからといって、査定額を高くするために、査定の前に個人的に傷やヘコみの修理を別の業者に依頼した場合、査定で低下する金額よりも、修繕にかかる費用のほうが高くなることが往々にして見受けられrのだ。よって、トータルの費用を考えると、事前に中古車を修理しないで、キズやヘコみをそのままの状態にして、販売店やカーショップに持ち込む方が、メリットが大きくなるといえる。

買取りをしている業者や販売店であれば、自社で修繕を行なっていることもある。
例えば、修繕などは行なっていなくても、修理業者との提携関係にあるところも多い。そのため、われわれが個人的に修理業者に依頼をするよりは、販売店を介して修理業者に依頼をした方が、安価で修理をすることができるケースが大変多いのが実情である。販売店のネットワークは馬鹿にできたものではないのだ。事実、1つ1つのキズやヘコみ等が原因で起こる査定額減少分について、素人のわれわれが考えるほど大きなものではない。むしろ、車の走行距離や年式のほうが重要のようだ。なかには、小さなキズであれば、直すことなくそのまま店に持ち込んでほしいと考えているケースもあるところもある。中古車のオークションに出す前は、少しでも価格を高くするために新品同様の状態になるまで店側で懇切丁寧にに清掃するということ。その際、素人が下手に修繕したキズがかえって目立ってしまい、取引価格が低くなりかねないということもある。よって、傷やへこみのある車を売る際には、まずは手直しすることなくディーラー側に相談を持ちかけ、必要に応じてプロの指導のもの傷をなおすか否かを判断したはほうがよい。